社会福祉士は引く手あまた

社会福祉士は、少子高齢化社会におけるキーパーソンとして、各種社会福祉を積極的に行う存在として重宝されています。
大人から子供まで、障害を持つ方はもちろん、介護が必要な高齢者の方に至るまで、日常生活において社会福祉のサポートが必要となる方に、日々様々な相談支援を行うことが仕事の社会福祉士。
相談だけでは無く、各種アドバイスや、社会福祉計画を練るような仕事など、仕事内容は多岐にわたり、様々な形で、福祉に携ります。

非常に専門的な知識が必要となる仕事ですので、勉強そのものは非常に難しいですが、それだけ多くの需要があることも事実。
社会福祉が必要な方の強い味方として、サポーターの1人として、人々に関わっていきます。

理想の仕事が出来ないことも?

社会福祉士の活躍の場は増える一方で、将来性も高く、今後も様々な場面で仕事が増加傾向にあると言えるでしょう。
とはいえ、自分がやりたい仕事に就けないという方も多いため、就職の際には事前に、自分がやりたいことを伝えておくことも1つの方法です。

例えば、勤め先は各種自治体や、病院、社会福祉法人に至るまで、色々な場所がありますが、それぞれの場所で行う仕事が異なります。
福祉施設の生活相談員として、現場で生活指導を行うような仕事をする場合も有れば、相談支援業務を中心に、プランニングを仕事として行うような方まで、色々な方が居るでしょう。
どちらも社会福祉士の仕事になりますが、仕事内容が大きく異なりますので、自分がやりたい仕事内容に合わせた勤め先を選ぶ事が大切です。

もちろん、経験として様々な仕事に携ることは、悪いことではありません。
ですが、事前に仕事内容を理解しておかないと、いつまで経っても理想の仕事を出来ないとやきもきしてしまうので、注意が必要でしょう。

また仕事内容を確認するタイミングで、勤務先の労働時間や休日なども確認することが重要です!
将来的に自分がどんな働き方をしたいのかも考える事で、理想の職場を見つけられやすくなります。

キャリアアップに繫がりやすいお仕事です

そんな社会福祉士ですが、実はキャリアアップには繫がりやすいお仕事ですので、理想の働き方が決まったら、それに向けて精進あるのみ!
社会福祉士として施設長になったりなど、勤め先でキャリアアップする場合も有れば、独立開業して、自分自身が代表として働くような社会福祉士まで、キャリアアップの内容は多岐にわたります。

自分がどんなキャリアアップをしたいかに合わせて、色々な選択肢を取る事が出来るのも、社会福祉士ならではの魅力です。
まずは働いていくうちにスキルアップをして、自分の将来の方向性を考えていきましょう。