運営目的

地域福祉・社会福祉について考える

住宅地地域福祉とはそもそも、それぞれの地域において、住民が安心して暮らせるように地域住民や社会福祉関係者が協力し、地域社会の福祉の現場の問題に取り組むという考え方です。

社会福祉は、そういった地域福祉をスムーズに行えるように制定された法律や人、考え方のことです。
私たち学生団体は、地域福祉・社会福祉について考える場、コミュニティ作りをしたいと考え、サイトを立ち上げました。

メンバー全員が参加できるように、ブログはメンバーが持ち回りで担当します。
また、メンバーについての紹介、福祉関係のお話などをブログで行う予定です。

福祉の種類

福祉には様々な種類がありますが、メンバーはそれぞれ目指す目標が異なるため、様々な活動を行っていきたいです。
たとえば、高齢者福祉について。

2050年、3人に1人が65才以上になると言われています。

現代は4人に1人が高齢者という割合です。
高齢者福祉とは、高齢者の方が生きがいを持ち、健康で安心し生活ができるようにサポートするというサービスです。

高齢者福祉の現場といえば、介護施設。
その他にも様々な場所がありますが、私たちができることといえば介護施設でのボランティア、地域と高齢者の方を結びつけるような活動です。

そして、障がい者福祉については、施設やセンターへお邪魔して活動を行いたいと考えています。
障がい者福祉は、身体障がい、知的障がいを抱える方、子供さん方に福祉サービスを行うというものです。

次に児童福祉です。児童
我が国の将来を担う子供たちを守る福祉サービスで、少子化、児童虐待、障がいなど様々な面でサポートをします。

私たちができる活動はかなり限られていますが、出来る限りの場を見つけ、活動を行いたいと思っています。

非営利学生団体サイトとして

福祉は公共の費用が出され行われるサービスと、非営利団体や地域のボランティアによって行われる福祉サービスがあります。

私たち学生団体は非営利学生団体サイトとして、無償での情報共有という形でサイトを運営していきます。

また、ボランティア活動を行う際には有志をつのり、メンバー以外の学生も参加したり費用は出し合い、強力をしております。
非営利学生団体として、学生の間にしかできないボランティア活動を、誇りを持っていきたいと思います。

メンバーの中には、社会福祉士を目指す者、介護福祉士を目指す者、ただボランティアに参加したいだけの者。
いろんなメンバーがいますが、それぞれ個性があり、目標があります。

メンバーの得意なことも活かしながら、なおかつ1度の活動で多くの有意義な経験や知識に綱がるような、活動を行っていきます。

そのために、企画や練習なども行っておりますので、ブログでもその状況や情報を随時更新していきたいと思います。