介護施設に子供たちとお邪魔してお菓子の家を作ってきました♪

幼老統合ケアの実践

こんにちは、山本です。
今日は介護施設へボランティアに行った活動報告をしたいと思います。

介護施設は近年数多くなってきて、独自のサービスを提供する事業所なども増えてきました。
そんな中で、介護施設に足りないものとは何なのか考えてみました。

関東を中心に保育園を運営しているこの介護施設では、保育園と連携を取りあい幼老統合ケアの実践を行っていらっしゃいます。
>>http://www.irs.jp/

この介護施設では保育園児との交流が行われ、園児たちと一緒に歌い、お話をして利用者さんも楽しんでいます。
この施設では、介護施設と同じ敷地に保育園が併設されています。

豊かな環境で緑があふれる中、子供たちの声を身近に感じながらシニアライフが過ごせるという施設です。

子供たちは無邪気な笑顔で遊び回り、その子供たちと触れ合い高齢者の方も笑顔でいる。
そんな楽しい活気あふれる介護施設なのです。

みなさん、子供って好きですよね。
「子供が嫌いだ!!」なんて方はあまりいらっしゃらないと思います。

崖の上のポニョというジブリアニメにも、老人ホームと利用者さんが出てきます。
老人ホームのとなりには保育園があり、子供たちと高齢者の方は自由にお話をして交流ができるのです。

あんな施設が実際にあったら良いなと思いませんか?
僕は、将来子供たちのいきいきとした笑顔や声が聞ける施設、通ってみたいと感じますね。

笑顔は人を笑顔にさせる

子供たちの笑顔は、高齢者の方をも笑顔にさせます。
気難しい方でも、子供たちを見たら癒される、という方もいらっしゃるほど。

そこで今回行ったボランティア活動は、地域の子供たちと保護者の方と一緒に介護施設にお邪魔して、お菓子の家を作りにいくというもの。

お菓子の家といっても、市販キットのようなものになっている、簡単な作りのものです。

みなさん、ヘンゼルとグレーテルというお話はご存知ですよね。
お菓子の家が登場しますが、お菓子の家って子供たちにとっては夢のようなお話でもあります。

大好きなお菓子が家になるのですから、子供たちは大喜び。
高齢者の方にとっても、お菓子の家など見たこともないでしょうし、子供たちとわいわい楽しく作って、実際にそのお菓子を食べてみる、そんな活動でした。

保護者の方、子供たち、施設の方、そして利用者さん。
みなさん楽しんでくださったので、やってよかったと思える活動でした。

こういった、地域の子供たちと高齢者の方がつながるようなイベントや活動。
もっとたくさん行っていきたいなと思います。

投稿者:山本

保育園で昔ながらの紙芝居を行いました♪

ボランティアを企画

こんにちは!ムードメーカー担当赤江です!
いつもブログを読んでくださり、ありがとうございます。

今日は福祉未来計画の活動報告をしたいと思います。
先日、保育園へ行って昔ながらの紙芝居を行いました。

保育園でのボランティア企画は活動としては2度目ですが、1度目の活動で自信がつき、2度目は違う保育園で行わさせていただきました。

子供たちの前にいくと、「何するの?」「これよんでくれるの?」「だれ?」みたいな表情で。
子供たちひとりひとりの表情を見ているととても楽しい日でした。

紙芝居だけではなく、その前に舞台がある昔ながらのセットを用意してお話をしました。
紙芝居自体は10分もありませんし、子供たちと触れ合ったのも30分という短い時間でしたが子供たちは興味津々。

とても真剣にお話を聞いてくれましたし、保護者の方や地域の方もきていらっしゃって「上手だった」「また来てね」と褒めて下さいました。

紙芝居、読んだことありますか?

絵本とは違って、紙芝居って迫力がありますよね。
今はもうめったに見かけませんが、昔は紙芝居を呼んでくれる方が自転車で地域を回っていたのだとか?

私も実際に子供のころ読んでもらったことはありませんが、小さい頃はお母さんに絵本をよく読んでもらった記憶があります。

本が大好きな子は頭が良くなると言い伝えがありますがあれはウソですね(笑)
私は決して頭が良いほうではありませんし、ただの絵本好きでした。

ゆっくり、ナレーションと登場人物と声を変えて、子供たちに読み聞かせをする。
これが、子供たちの反応がすごくてとても楽しいのです。

子供たちは想像力が豊かなので、私が声マネをして紙芝居を読むと、真剣な目つきで見るのです。
紙芝居は、絵が動くわけでもありませんし、かなり長いお話も多いです。
それでも、子供たちは一点を見つめて集中しています。

紙芝居のお話には教訓的なものもあれば単純にたのしいものもあります。
子供たちの情操教育とまでは思いませんが、ちいさいころからたくさんのお話に触れることによって子供たちの感性が伸ばいたいです。

単純に子供たちが紙芝居を見て喜んでくれることもとても嬉しくなります。

今回で2度目の活動でしたが、私も紙芝居の魅力に虜になりそうです。

次は、児童センターや違う保育園でもしてみたいですが、今回の保育園で保護者の方々に、「また来てね!」と口々に言われたので、また来るねと子供たちとも約束してしまいました。
また、行って紙芝居を読みたいと思います。

今回の反省点

今回の紙芝居の反省点としては、まだ慣れていないメンバーも多いのでスムーズにサポートがまわらなかったこと。
一人、体調管理ができていないメンバーがいたこと。

子供たちだけではなく、大人も楽しめる内容を次に考えておきたいです。
また、紙芝居を読みなれていないためにセリフがつまってしまう部分もありました。

練習時間をもっととっても良かったなと感じています。
次回の紙芝居の予定はまだ未定ですが、学生メンバーは以上の反省点を踏まえて、次に活かしましょう。

また、保育園の職員の皆様、ありがとうございました。
次回紙芝居をさせて頂く際や、その他の活動の際にもお世話になりますが、宜しくお願い致します。

投稿者:赤江

福祉住環境コーディネーターってご存知ですか?

楽しく生活できるアドバイス

メンバー女子リーダー吉田です。
今までブログに参加したことはありませんでしたが、初めてブログに参加させて頂きます。

福祉系の大学へ通われている方はご存知かもしれませんが、皆さんは福祉住環境コーディネーターという資格をご存知ですか?
>>http://www.kentei.org/fukushi/

福祉住環境というのは、高齢者や障害を抱えている方が生活しやすい住環境というものです。
よく、マンションや賃貸選びの際に「バリアフリーを重視する」などと言われますがこれは福祉住環境を基準に選ぶということになります。

福祉住環境コーディネーターとは、高齢者の方、障害を抱える方に対して出来るだけ自立して、楽しく生活できる住環境をアドバイスする、アドバイザーの資格です。

主に、医療・福祉・建築について幅広く知識を持ち、専門家と連携を取り住宅改修プランをアドバイスします。

皆さんはバリアフリーといえばどういったものをイメージされるでしょうか。
手すりをつける、階段をなくす、スロープを取付けるなどでしょうか。

高齢者の方が必要とするニーズや、障害を抱えている方が必要とされるニーズは全く異なります。
それこそ、10人いれば10通りの最適な福祉住環境があります。

そんな中で、その方に合った最適な住環境を提供する、バリアフリーを考える、それが福祉住環境コーディネーターです。
総合的に幅広い知識を得なければいけない資格ですので、取得するにはたくさん学ばなければいけません。
ですが、高齢化社会の現代では社会的ニーズが高まりつつある資格です。

こんな人におすすめの資格です

福祉住環境コーディネーターの資格は1級から3級まであります。
3級と2級は誰でも受けることができますが、1級のみ「2級を持っていないといけない」という受験条件があります。

2級以下と違って1級では記述試験もありますから、やはり難易度は高いです。
ですが、1級を受験される方でも70%以上の方が合格しているので、合格率はさほど低いわけではありません。

福祉住環境コーディネーターの資格を取得される方は、介護や社会福祉に携わっている社会人の方が多いでしょう。
将来、福祉の現場に携わりたいと考える学生にもおすすめです。

福祉用具専門指導員や、ケアマネージャーなど。
それぞれ福祉の資格とプラスアルファで持っていると便利な資格です。

介護の現場では、様々な知識が必要となります。
そこで、住環境に関する知識は利用者様のさらなる満足度を高めるものとなります。
特にケアマネージャーとして働くのなら、よいアドバイスができるように福祉住環境コーディネーターの資格も取得しておきたいところです。

皆さんのためになるお話だったかどうかはわかりませんが、福祉関係に携わっている方には絶対に知っておいてほしい資格でした。

また、福祉に興味のある学生の方に、ぜひチャレンジしてほしい資格でもあります。
ご興味がある方は、公式サイトからチェックしてみてくださいね。

投稿者:吉田

メンバー紹介 -女子-

夢に向かうリサ

メンバー画像リサです!将来の夢は社会福祉士になることです。
この活動に参加したのは、1年ほど前になります。

リーダーとはもともと知り合いでしたが、福祉活動を行っていると聞いて参加しました。
昔から夢見ている社会福祉士になるためには、学生のうちに活動経験を積むことも必要だと考えたのです。

メンバーの中でも社会福祉への思いが強いという自信があります。
親がケアマネージャーをして地域を回っているので、多忙な両親の背中を見て育ち、福祉に興味を持ちました。
社会福祉士を目指し、夢に向かって突き進んでいきたいと思います。

ボランティア好き山本

メンバー画像わいわい騒ぐのが大好きな山本です!
ムードメーカーというよりも、メンバーの中で一番うるさいと言われます。

持ち前の明るさで、活動を支えていけたら良いなと思っています。
私がうるさく、明るすぎるのはきっと姉弟含め4人兄弟だからです。

昔からわいわいとした家庭で育ったので、わいわい騒がしいところが居心地が良いと感じます!
ボランティア活動をしている時は、本当にやりがいを感じます。

必要とされる、笑顔で話す、感謝される。
どれも貴重な体験ばかりできるので、この活動に参加していて本当に良かったと思っています。

子供大好き赤江

メンバー画像私は子供が大好きです。
将来は、自分もたくさんの子供に囲まれ、よきママになれたら良いなと考えています。

でも、それまでどんな分野で働きたいのか、と考えると、保育士になるにはちょっと自信がありません。
責任を持って働く、これはどんな職種でもいえることですが、子供たちのお世話をするのではなく、子供たちを支えるお仕事がしたいと思っています。

子供が大好きだと感じたのは、姉の影響です。
9つ離れた姉は早くに結婚して子供を産み、今5才の女の子がいます。

実家住まいでまるでサザエさんのような家庭の、私がちょうど、ワカメちゃんのようなポジションでした。
年齢は離れていますが、姪っ子が可愛くて可愛くて、仕方がありませんでした。

大学に進んで、この活動を知ってから保育園で人形劇をしたり、紙芝居をしていると聞いて参加してみたいと思いました。
実際に、活動だけでは子供たちと触れ合える期間は少ないですが、これからの福祉について、地域の子供たちについて考えていくうちに、自分が進みたい方向性も決まってきたような気がします。

地域には、困っている子供たちはたくさんいます。
障害をかかえている子、親御さんを亡くされた子、「かわいそう」ではなく、「共に支えていきたい」そんな想いのほうが強いと思います。

かわいそうなんて思ったら、それは偽善者ですから。
自分には小さなことしかできないかもしれませんが、子供たちの未来を支える若者として、地域社会に貢献していければなと思います。

メンバー紹介 -男子-

リーダー菊池

メンバー画像福祉の未来計画リーダー、菊池です。
福祉に関して持っている知識と学生ですが多少ある経験を活かし、地域に貢献していきたいと考えています。

現在祖母が認知症を患っており、7年がたちます。
母は介護に追われ、私は福祉について興味を持ち始めました。

高校時代に福祉に目覚めたので、高校は普通の工業高校を卒業しています。
リーダーとして支えていけているのかは自信がありませんが、皆が楽しく地域社会に貢献できるような学生活動を行えたら良いなと思ってい織ります。

介護士を目指すコバ

メンバー画像僕は介護福祉士を目指しています!
木場と言いますが、「キバ」と間違えられることがあるため、「コバ」と呼ばれています。

母も父も介護士で、僕も介護士を目指そうと思いました。
この活動に参加できてよかったと思うのは、学生のうちから介護に携われる場、そして経験や知識をたくさん得られるということです。

介護系の学校へは通信で通っています。
学業や活動、とても忙しいですが充実した学生生活がおくれています。

1年小池

メンバー画像僕の他にもたくさん1年生が入っていますが、1年の中では活動頻度が高い小池です。
1年といえば、サークルに入ったり、好きなことをしている学生が多いですが、僕はサークルには入らず、福祉の未来計画のメンバーとして出来るだけ100%活動に参加できるようにしています。

活動の他に、アルバイトをしています。
カフェでの接客ですが、たくさんの方と話ができて、コミュニケーション力や接客力を上げることができるため、アルバイトもとても有意義です。

ボランティアはしたことがありませんでしたし、昔から福祉関係で働きたいと考えていたわけでもありません。
ですが、これからの活動もできるだけ参加していきたいと思っていますので、宜しくお願いします。

福祉の未来計画始動です。

考えたことはありますか?

親の心子知らずとはよく言ったものです。
親の考えなど、子供にはわかりません。
ですが、大学生になり子供から大人になれば、親の心くらい気づくことができます。

私たち福祉未来計画を考える、当サイトを運営しているメンバーは最初から福祉に興味があったわけではありません。
それぞれ何らかの目標があり、自分が学びたい分野があります。

私たちが福祉に関わることができる方法は2つあります。
仕事として携わる、もしくはボランティアとして携わるです。

実は、福祉の仕事には公的なサービスと、それ以外の領域があるのです。
公的なサービスとは、税金や保険料によって支えられ提供されているサービスです。

介護や福祉、自立支援、児童福祉など。
働いている方と設備、運営者などの定めがあります。

それ以外には、高齢者住宅や有料老人ホーム、食事サービスなどの事業所、NPO法人や住民組織などがあります。
有料老人ホームやなどはもう「福祉のお仕事」ですが、NPO団体や住民組織のほとんどは、「非営利」です。

非営利団体で有志を募った場合、どういった方が参加すると思いますか?
ほとんどは、親御さんが介護が必要であり、同じ境遇の方をサポートしたいからと集まった方。
もしくは学生です。

学生が福祉に携われる方法って、ボランティアしかないのですよ。
ボランティアをしたことがないという方は、きっと福祉に関わったこともありませんよね。

福祉について考えよう

一緒に、福祉の未来について考えてみませんか?
そもそも福祉に携わったことがない方も多いと思います。
「福祉とは何だ?」というところからお話を始めましょう。

まず、「社会福祉」は六法で6つの分野が定められています。
生活保護、児童福祉、身体障がい者福祉、知的障がい者福祉、高齢者福祉、ひとり親世帯への福祉です。

こういった福祉関係に携わる団体に対しては、決まり事や社会福祉法などがあり、法的に守られています。
私たち学生が参加するボランティア、地域活動などで携わることができる福祉については、あまり決まりごとはありません。

自由参加ですし、仕事ではないため法律で縛られているわけでもありません。

最近では精神障がい者福祉というのも定められました。
法律としては、身体障がい者福祉、知的障がい者福祉、精神障がい者福祉と3つを合わせて障がい者自立支援法という法律が定められています。

福祉には様々な問題が飛び交っています。
そういった問題はすべて、障がい者施設、介護施設での人員不足へと影響しています。

人がいるからこそ問題が起こり、解決する手はずも生まれるのに、人が足りていないのですから、福祉の問題は消したくても消せないことばかり。

そういった現代の社会福祉を、この先どう考えていけば良いのでしょうか。

福祉の未来について考えよう

皆さんも一緒に、特に若い世代の方、共に福祉の未来について考えませんか?
子供虐待、ひとり親世帯の負担、復興支援、高齢者問題、障がい者雇用など。

これから深刻化していくであろう福祉の課題は数多くあります。

一人でも多くの方が共に福祉の未来について考えていただけたら、これから先何か変わるかもしれない。
そんな希望を抱かずにはいられません。

投稿者:菊池