もうすぐテストです…

勉強も頑張ろう

こんにちは、小池です。
もうすぐテストなので、今回はテスト前に気を付けていることについてお話します。

まず、学生の本分は勉強ですから、テスト前の活動は自粛しています。
メンバーは一人としてテスト勉強以外のことをしません。

なぜなら、せっかく活動を行っているのにテストで単位を落として留年などしたら、学生団体活動として恥ずかしいことだからです。

テスト前には体調管理を徹底し、試験前夜の徹夜などはしないこと。
1週間前にはメンバー全員が完全テスト対策体勢に入ります。

暗記は苦手です・・・

僕は、暗記はあまり得意なほうではありません。
経験から得られる知識はすぐに出てくるのですが、漢字や英単語、地理歴史などの暗記は昔から得意ではありませんでした。

そこで、僕の場合は問題文や回答などをすべて声に出して読むようにしています。
声に出すことでそれは経験となり、声を耳から聞いて2度重複し覚えるため暗記しやすくなるのです。

声に出すことで暗記する方法のメリットは、短時間で覚えることができるという点です。
暗記が苦手な僕は、それでも時間がかかってしまいますが。

覚える言葉の意味やフレーズ、イントネーションなどすべて声に出すことで暗記しやすくなります。
僕のように暗記が苦手だという方は、ぜひやってみてください。

勉強すると眠くなる

勉強したら眠くなるという男子メンバーの裕斗君のような学生も多いので、勉強して眠くならない方法をご紹介します。
ずばり、「寝る」ことです。

眠気覚ましにホットティーやコーヒーを飲むのも良いですが、僕は残念ながらコーヒーが飲めません。
また、あたたかいミルクティなどを飲むと余計に眠くなってしまいます。

そんな時は、15分ほど眠ってしまいます。
お昼でも夕方でも、人はレム睡眠とノンレム睡眠によって交互に睡眠を行っていますが、15分の睡眠は3時間睡眠にも匹敵するそうなので、眠くなったら1日のうち1度は15分ほど寝るというサイクルで勉強しています。

何度も15分寝たら意味がありませんから、眠くなったら15分寝る、あとは我慢です。
15分眠ったあとにストレッチをして体をほぐし、血行を良くしたら眠気も吹き飛びます。

テスト前の眠気、勉強による眠気が耐えられないという方はぜひ試してみてください。

また、勉強は脳を使いますよね。
脳の栄養素って、糖分なのですよ。

勉強したらイライラするのは、頭に栄養がいっていないからです。
甘いものを食べてリフレッシュして、しっかり勉強を頑張りましょう。

投稿者:小池

就活の合間を縫って活動のサポートをして下さる先輩方に感謝です!

最高学年のメンバー

リーダーもそうですが、今年最高学年となるメンバーの方は、非常に濃いメンツばかりです。
それぞれ個人で、考えや目標が異なりそれぞれの魅力が溢れる方々が集まっています。

そんな最高学年の先輩がいないときの活動は不安ばかりです。
一度保育園での活動を先輩たちなしで行ったことがありますが、やはり先輩がいないだけで大変さが違いました。

先輩方は就活中です。
そんな忙しい合間をぬって活動のサポートを行ってくれる先輩方には、感謝しきれません。

将来について考える

これから、先輩方が卒業し誰がリーダーになり活動を行っていくか、わかりません。
でも、寂しい思いもある反面、少しわくわくしているところもあります。

先輩方のサポートはとても頼りになります。
先輩がいなければできないことなどまだまだたくさんあります。

そんな中でリーダーに言われました。
「これからの活動は僕たちがいないメンバーで中心に行うのだから、責任とそれだけのやりがいを得ろ」と。

福祉に携わる方は、何度も考えたことがあると思います。
私も将来、福祉に携わるお仕事についたら考えるのでしょうが、介護士や社会福祉士、福祉に携わるお仕事の方の一番仕事が続けれる理由は、「やりがい」なのです。

やりがいがあるからこそ続けられる、これは仕事も学生団体の活動も同じだと思います。
就活中の先輩はとても忙しい中、それでも活動をサポートしてくれます。
それはきっと、やりがいがあるからなんですよね?

やりがいと対価

お金がもらえるから働くという方もいますが、私はやっぱり、やりがいがなければ何もできないと思います。
この活動を通じて、日々思います。

やりがいは後からついてくるものですから、「なぜ今こんなことをしているのだろう」と疑問に感じても、後から「ああ、だからこうしていたのか」と気づくことができるのです。

先輩たちは、そうやって学び、経験してきたんですね。
私も早く、先輩のように誇らしく学生活動が送れるような、一人前の団体メンバーになりたいです。

今はとても大変かもしれませんが、皆さんも無事に、先輩方が就職先の内定をもらえるよう、応援してあげてください。

そして、就活の合間をぬって、活動のサポートを行っていただき、先輩方に感謝のことばを述べたいです。
いつも、ありがとうございます。

投稿者:リサ

福祉で働く意味とは?について皆で話し合いました。

楽しさや生きがいを得る

この前メンバーで、働く意味について考えてみました。
福祉で働く意味、の前に、働く意味についてです。

福祉に関心がないという方でも、「働く意味」についてならご一緒に考えられるかと思います。
まずは、働く意味について一緒に考えてみませんか?

意外とメンバーの中で、働くことに対して興味を持っていない(勝手な想像で申し訳ない)、山本さんがこう言いました。
働くとは、「はた」というものを「らく」にすることだと。

なんでも、おばあちゃんに言われたそうですよ。
「はた」とは周りのこと。
周りを楽にすることが働くことだということです。

両親が働いたら、子供たちが楽に大学に通える。
若者たちが働いたら、定年退職後に年金をもらったり、福祉に使われ、高齢者が楽をする。

福祉はそもそも、この「はたらく」という意味を持っているのかもしれませんね。
とても深い意味だと思いました。

毎日が日曜でやることがなければ、人生は面白みがなくなります。
働くからこそ、楽しさや生きがいを得られるものです。

子供が生まれたら、家事と育児という仕事をこなして、人生に生きがいを持つことができるでしょう。
人が行動すること、活動をすること自体が「はたらく」ことなのだと考えます。

では、福祉で働く意味は何なのでしょうか。
「はた」を「らく」にするために働いているのであれば、どんな業種でも働いている時点で社会に貢献していることになります。

それ以上に、福祉に携わり、人々のために働くことで、意味は生まれるのでしょうか?

今日の担当は菊池です

申し遅れました。
今日のブログ担当は菊池です。

私は高齢者福祉、児童福祉、障がい者福祉にたずさわり様々な活動に参加させて頂いてきました。
そんな中で、何度も言われたことがあります。
「そんなことしていて楽しい?」と。

社会福祉、社会貢献に興味がない方であれば、そう感じるのも無理はありません。
誰でも自分のために働きたい、自分のためになる行動をしたいものですから。

私は、福祉に関わること、それこそ自分のためになる行動だと考えています。
人の身体は二十歳を超えると成長が止まってしまいますが、心というものはいつでも常に成長し続けるものです。

たとえば、初めて息子が生まれたお父さん。
すごく厳しいお父さんで、厳格な父というイメージの方だったとしましょう。

そのお父さんが年を取り、息子さんが成人して子供が生まれ、お父さんがおじいちゃんになったとします。
「おじいちゃんになったとたん、孫に甘々で丸くなった」そんなことってよくありますよね。

「丸くなった」というのは、人として成長したのではないでしょうか。
厳しいことは悪いことではありませんが、厳格すぎるよりも甘えさせ育てることも良いことなのではないでしょうか。
経験と共に知識を得て、感情が生まれ、成長したからこそ同じ「子育て」でも変化したのでしょう。

同じように、経験を積み重ねることで変わる「何か」ってあると思います。
福祉に携わることで、私は得られる「変化」が大きいのではないかと思っているのです。

福祉で働くと得られるもの

もちろん、働く限りはお金をもらえなければ意味がありません。
お金のために働くという方も多いでしょう。

福祉に携わり働くと、お金以外にも様々なことを得ることができます。
これは、一般的な業種と同じですが、働くことで得られるといえば、「人から必要とされる」「認められる・褒められる」「感謝される」など。

他人から与えられる自分の成長へと繋がる「なにか」だと思います。
福祉に携わると、この3つの経験が一度に得られます。

だからこそ私たちメンバーは、福祉に携わり、働きたいと考えているのではないかという結論に至りました。
やりがい?生きがい?楽しさ?

考えなくても福祉ではどんどん得られていきます。
それは、学生中の活動を通じて得てきたことです。

社会人になってもこの考えのままいたい、やりがいを得て働きたい。
私たちのそんな思いがこれからの現代社会で通用することを願うばかりです。

投稿者:菊池

メンバーの夢を語ります!

社会福祉士を取りたい

私、吉田の夢は社会福祉士です。
若いうちから福祉に携われるってとても誇らしいことだと思います。
大学への入学を決めた理由も、社会福祉士の資格を現役で取得したかったから。

社会福祉国家試験の受験対策講座を受講して、現役で合格できるように励んでいます。
介護実習や講義を受けながら、知識をどんどん得られ日々充実していると感じます。

福祉未来計画での活動では、福祉活動がいかに地域と福祉を結びつける重要な役割を果たしているか、ということに気づきました。

経験を重ねるごとに、地域福祉のコミュニティー作りに携わることができていると実感し、喜びを感じます。

将来は、年齢関係なく行えるような福祉のイベントを地域の方と立ち上げていける、そんな仕事ができたら嬉しいです。
国家試験対策、単位取得、福祉活動と忙しい毎日ですが、目標を達成できるよう頑張っていきたいです。

僕もお世話になりたいと思える介護士

介護士の仕事は、身の回りのお世話をすること。
漠然としたイメージでとらえると、そうしか言いようがありません。

介護業界全体を変えるのは無理かもしれないけど、自分が働く施設では、「自分も将来こんな介護士にお世話になりたい」とご家族からも、スタッフからも思われるような介護士になりたい、コバです。

介護士は一人一人同じではありませんし、利用者さんも10人いれば10通りの介護のやり方があります。

そこで、利用者さんに合わせたケアを介護士が行わなければいけませんが、やっぱり利用者さんの中にも「○○さんの介護が良い」と言われる方も多いのだとか。

実際に介護現場で働いたことがないため、僕自身も漠然なイメージしか持てていませんが、「僕も将来お世話になりたい」そう自分で自信を持てるような介護士になりたいと考えています。

仕事内容だけではなく、利用者さんとの関わり合いの中で得られること、かなり多いと思うんです。
介護ってただ、淡々と仕事をこなせば良いものではないのですよね。

これから僕が、いくつまで介護士として働けるか、そもそも介護士になれるのかもわかりませんが、夢をかなえるため一生懸命努力していきたいです。

投稿者:吉田,コバ

学生の本分である勉強もちゃんとしてます…

活動ばかりしていては意味がない

私たちは何のために活動をするのか。
社会福祉に関心を持っている、吉田が今日のブログ担当です!

私たち学生は、本分である勉強もちゃんとしています。
している、つもり、かもしれませんが・・・。

幸い、メンバーの中にはこれまで単位を落としたことがある人間はいません。
講義やテストもありますし、そういった学生の時間の合間をぬって、活動を行っています。

学生の中には、アルバイトをされている方、目標実現のために指導塾へ通ったり、サークル活動をしている子たちもいます。
私は3年生まで学外サークルに入っていました。

テニスが好きだったので、身体を動かし健康のためにもと思いサークルに入っていましたが、就職活動、資格取得、そして福祉未来計画の活動のためにサークルはやめました。
学業と学生団体活動、そしてプライベートを両立させるのはとても難しいことだと思います。

学生ですから、遊びたい子も多いですし、遊んでばかりではなく、活動ばかりではなく、学生の本分である勉強をすること。
それは、学校に通わせてくれている親のためにもなることだと考えています。

福祉について考えたとき

福祉に関心がない学生に、「福祉ってなに?」と聞くと、人を助けること、と漠然な答えが返ってきます。
学生のほとんどが、福祉について、など毎日考えてはいません。

でも、これから50年、100年後にも私たち学生が考えるべきことは福祉についてだと思うのです。

50年後には私も、福祉サービスを受ける側になっているのですから。
その時の学生が、全く何も考えていなければ日本は終わってしまいます。

だからこそ、勉強は第一、福祉活動は第二だと考えています。
学んでこそ得られるものがある、経験してこそ得られる知識がある。
そういった知識と経験を活かして、将来に活用出来たらなと思います。

何が言いたいのかわからないブログとなってしまいましたが、私たちはしっかり勉強もしております。
何だか言い訳みたいですが(笑)

これからも、両立を頑張っていきたいと思います。
あと、そろそろメンバー紹介の方にわたしの名前も…(笑)

投稿者:吉田

新人歓迎BBQを行いました!

幹事になりました

学生と名乗れるのは今年で最後の山本です。
私の趣味はわいわい騒ぐこと。

活動の中でも、一番明るくて騒がしいと言われる私はこの度、新入生歓迎会の幹事となりました!

といっても去年も私が企画を行ったので、新入生を歓迎する幹事としては2度目の挑戦です。

私はどちらかといえば、誰かに任せて企画をしてもらい、参加させていただく、というほうが好きなのですが歓迎会くらいは私が企画したいと、名乗りをあげました。

学生と名乗れるのも今年が最後ですので、しっかり努めたいと思います。
今回の新入生歓迎会は、BBQです!
学生と言えばバーベキュー!

幸い、近くに河川敷がありバーベキューOKとなっているので、そこへ行って歓迎会をしたいと考えています。
歓迎会の幹事は意外と大変ですよ。

愚痴を出すつもりはありませんが、みんなが楽しめるように、と考えるのはとても大変なことです。

福祉活動でいつも思うこと

私がこの活動に参加したきっかけは、友人がとても楽しそうに活動のことを話していたからです。
もともと明るくうるさい性格でしたが、特に自分から目立とうとする性格ではなかったため、人前に立つ、何かをするということはしたことがありませんでした。

でも、楽しいことは大好きです。
みんなでわいわい何かができれば、それだけで充実していると感じます。

そんな時に、ボランティアをしている時間が一番楽しいという友達の話に興味を持ちました。

実際に、私も体験してみると、介護のボランティアに参加させて頂いたのですがおじいちゃんおばあちゃんも楽しそうで、スタッフの方も私たち学生も、本当に楽しそうだったのです。

笑顔ってすごいですよね。
勇気を与え、つられて笑う人もいれば、何でも話をしちゃうような雰囲気が作れる。
そんな活動をしている福祉未来計画のメンバーはすごいなと感じました。

私もそんなメンバーの一員として、普段はボランティア活動で頑張っているメンバーと、これから新たに入ってきたメンバーを歓迎するために。

みんなで楽しく、わいわいと盛り上がれるような企画をしたいと思いました。

新入生に思うこと

バーベキューはとても好評でした。
新入生も、在学生もとても楽しんでくれたようですし、リーダーはそのまま勉強会だと言って、熱く語るコバさんを連れて行ってしまいました。

新入生の子たちはみんな良い子ばかり。
私もまだ学生の身分ですが、私よりも若い世代の子たちでも、しっかり福祉について考えていることに驚きました。

将来目指すものがあり、今必死に取り組んでいることがあり。
卒論でくじけそうになっている場合ではないと、自分を恥ずかしく思いました。

これから、私たち最高学年は社会へと出ていきます。
学生という身分で、ボランティアや地域活動を行うこともできなくなってしまいます。
福祉に携わる=働く、という形になっていってしまうでしょう。

社会に出る前にもっとしたかったこと、経験しておきたかったこと、たくさんあります。
新入生のみんなには、精一杯悔いの残らない学生生活を送ってほしいと思います。

投稿者:山本

福祉関係の職ってたくさんあるんですよ!

さまざまなものがある

福祉未来計画活動リーダーの菊池です。
今回は福祉全般のユニットや活動に所属している私、菊池が福祉のお仕事についてご紹介します。

福祉のお仕事と言えば、高齢者福祉サービスをイメージされる方が多いでしょう。
まずは、高齢者分野の施設やサービスについてご紹介します。

高齢者施設といえば、介護老人保健施設をはじめとして特別養護老人ホーム、老人ホーム、ケアハウス、介護療養型医療施設、デイサービス、ショートステイなどがあります。

施設は6つか7つ程度に分けられていますが、お仕事はそういった施設だけではなく、サービスを主体として行う事業所もあります。

たとえば、認知症対応型共同生活介護サービス。
認知症の方で介護を必要とされる方に、共同生活を営むべき住居に行き、介護やその他日常生活のお世話、訓練などを行うお仕事です。

いわゆる訪問介護に近いですが、訪問介護よりもよりご家族の方の介護をサポートするという形です。

訪問介護は、ホームヘルプと訪問看護、訪問入浴介護に分けられています。
他にも、地域包括支援センターや特定施設入居者の生活介護、居宅介護支援事業など様々な事業所があります。
これらすべてのサービスがまとめて、介護福祉サービスと呼ばれています。

児童分野でのお仕事

児童分野といえば、保育所、近年新たに制定された認定こども園。
自治体独自の制度に基づき創設された保育所、児童養護施設や乳児院などがあります。

児童養護施設と保育所では全くサービスが異なります。
また、児童養護施設の他にも児童自立支援施設や児童館などでのお仕事もあります。

その他福祉のお仕事

その他のお仕事といえば、厚生施設、授産施設、救護施設など生活困窮者に対しての支援サービスのお仕事があります。
それよりも規模が小さな、宿所提供施設というところもありますし、社会福祉協議会、母子生活支援施設などのお仕事もあります。

その他のお仕事の中でも最も重要な、「福祉の仕事を支えるお仕事」は、行政や福祉士部局、社会福祉協議会などで行うお仕事です。

こういった福祉のお仕事は公的な制度、法律、財源によって支えられています。
その制度や財源をより良くしたり、財政的な基盤を構築するなどのお仕事をします。

福祉施設の職場で働く人、ボランティアで携わっている方などに研修を行ったり、研究などの事業を実施しています。
私たち学生のボランティアも、こういった福祉行政があってこそ活動ができています。

投稿者:菊池

児童センターで読み聞かせを行いました!

子供たちの触れ合い

こんにちは。
今日は私山本が活動報告をしたいと思います!

児童センターでの読み聞かせを行いました。
活動内容としては、児童センターへ行って子供たちや地域の方と、本を読み聞かせするという活動です。

初めての試みだったので、三重郡川越町でご活動されている読み聞かせグループの方のブログを参考にさせて頂きました!
>>http://yaplog.jp/kawagoeno/profile/

初めて児童センターへ行きましたが、今回のメンバーは合計7人。
絵本を3冊読みましたが、初挑戦だったので実際の活動の前に練習を行いました。

パネルや絵本を用意して、活動メンバー全員おそろいのエプロンで挑むなど話し合い、絵本の内容も季節に合わせたものが良いか、心温まるお話が良いかと話し合いました。

そしていざ練習!

イメージとは違って、1年生の小池君がとても読み聞かせが上手で驚きました。
話し口調や語り掛けの口調、読み手と聞き手にわかれて意見交換です。

実は、心理学を専攻している私は講義でも読み聞かせを行ったことがあります。
児童心理学の授業では、読み手、聞き手にわかれて絵本を読み、ビデオを撮影して反省点、良い点について話し合うというものです。

その経験を活かして、練習風景も撮影しながら行いました。
そして、練習の中で私と小池君、福祉士を目指している吉田さんが読み聞かせを担当することに。

その他のメンバーは、一緒に読み聞かせを聞きながら子供たちを見守る担当です。
いざ、児童センターへ。

児童センターで読み聞かせ当日

当日は、読み聞かせを行うことを事前に宣伝していたので、地域の方もたくさん集まってくれていました。
小さなお子様を連れた保護者の方や、児童センターに通っている子供さんと親御さんもいらっしゃいました。

子供たちは28名。
親御さんとセンターの方たちと一緒に、読み聞かせスタートです。

実際の読み聞かせは1冊5分程度です。
メンバーで精一杯、楽しめる読み聞かせを行いました。

今回の反省点としては、やっぱり大勢の人の前で読み聞かせをするので緊張し、声があまり出ていなかったこと。
感情をしっかりこめて読み聞かせができなかったことです。

それでも子供たちは真剣に聞いてくれましたし、そのあと30分ほど子供たちと一緒に、絵本を読んだり自由に過ごしました。

子供たちからすれば、私たちは大人、一緒になってはしゃぐことはできませんが、子供たちはそんなことおかまいなしで、仲良くしてくれます。
やっぱり、子供って素敵ですね。

児童センターでの読み聞かせは、まずまず成功だったと思います。
これからはこういった活動もたくさん増やしていきたいと思います!

投稿者:山本